大学生

【就活をやめたい大学生へ】就職活動から逃げて休学した僕の末路【経験談】

就活生
就活生
就活やめたい…まじで内定決まらないし周りは決まり始めて焦りが半端ない…辞めてどうにかなる方法ないかな…

僕が就職活動をしていたときには上記のようなことを考えていました。

就職活動に不平不満を言いながらも絶望感満載でスーツを着て、説明会で人事の話を聞く毎日。無理だと思いました。

そして、みんなが就活を張り切っているときに僕は逃げました。

正直逃げたときは不安まみれで甘い自分を責めてしかいなかったです。

✔︎本記事の内容は以下です。

  • 就職活動を辞めた人間はどうなるのか
  • 就職活動を辞めるとどういった選択肢があるのか

僕は自分のことをビビリだと思っています。内定がもらえるかわからない不安な状況の中、耐えることができず、別の道を探して逃げました。

しかし、現在は逃げたおかげで、Webライターとして仕事を請け負うことができ、あのときの選択は間違っていなかったなと心から思えます。

今回は、就職活動をやめたいと考えていた僕と同じような思いをしている大学生の方に向けて、僕が就職活動を辞めて逃げた話を経験ベースでしていきます。

できる限り参考になるように心がけますので、本記事を通して別の道を選んでもいけるかもということが伝わればなと思います。

就職活動から逃げて休学した僕の末路【経験談】

就職活動から逃げて休学した僕の話

就職活動から逃げて休学した僕の話。

当時の僕のステータス就活をやめたタイミングをさらっと説明していきます。

就活から逃げたいなと思っている方はこんな奴がいるんだぐらいに思ってもらえると幸いです。

当時の僕のステータスと今までの大学生活

当時の僕のステータスは以下のような感じです。

  • 大学3年生
  • アルバイトでトレーナー
  • サークルで合宿係
  • GPA1.5ぐらい

正直、雑魚大学生です。大学生活はバンドが好きだったのでアルバイトで得た収入を全てライブやフェスに突っ込んでいました。

暇な自分があまり好きではなく、友達とスケボーをしたり、サークルに行ったりと遊びまくる毎日。生産性がとても低い3年間を過ごしていたと思います。

就活を始めた時期は大学3年の8月頃

そんな雑魚大学生の僕が就職活動を始めた時期は、大学3年生月頃です。

先輩の話を聞いたり、学内のキャリア説明会が始まったりしていたので、「そろそろ始めないといけないな」と思い、8月の中旬からインターンに足を運び出しました。

その後、10月や11月までは、大手企業を一通り見て、12月〜2月ぐらいまではベンチャー企業の説明会や早期選考を受けて、気持ちが高ぶっていた感じです。

なぜか広告業界に行きたかったので、IT系の企業を片っ端から見ている状態でした。

今思うと面接を受けたり、ESを作成したりと、なかなか多忙だったなと思います。

休学を決意したタイミングは大学4年の4月

休学を決意したタイミングは大学4年4月頃

僕個人の中では「なんとなく早く内定先が決まるだろう」と勝手に思っていたのですが、面接を受けていく中で、自分に絶望していきました。

1月〜2月にかけて早期選考を始めていた企業の説明会&選考会に参加していたのですが、周りの就活生の凄さに圧倒しまくり。自分はバイトサークルの肩書きしかなかったので、「めっちゃ雑魚いな自分」と悲しくなりました。

3月の中旬になると「あ、このままじゃ受からないわ」と思ったので4月頃に就活から逃げました。

今思うとこの選択は間違ってなかったかなと思います。

そこから就職活動を辞めて、休学を決意しました。当時はプログラミングができたらすごいみたいな話を聞いていたので、辞めてすぐにProgateHTML/CSSの勉強をしていました。

ここから僕の1年にも及ぶ就活逃走劇が始まります。

就活を辞めて1年休学した結果【その後までを紹介】

休学してやったこととその後

就職活動を辞めて1年間学校に行かず、いろいろな経験を積もうと思いました。

その始めがプログラミング、そして運命を変えるWeb系の合宿Webライター活動、など1年間でいろいろなことをしたなと思います。

この休学期間内での経験が今の僕の糧になっています。

以下からは、1年休学してやったこと2度目の就活の時期を迎えたときのことをまとめてお話しします。

1年休学してやったことまとめ【いろいろ挫折】

僕みたいな雑魚大学生が休学するとこうなりました。

1年僕が学校を行かずに休学してやったことは以下です。

  • プログラミング学習を1ヶ月する→挫折
  • Web系の養成合宿に1ヶ月間行く→Webライティングを覚える
  • Webライターで20万ぐらい稼ぐ→鬼遊ぶ
  • 関西のイベントに行きまくる→知り合いが増える
  • ブログをやる→挫折
  • YouTuberになろうとする→挫折

うまくいったなと思えるレベルはWebライターぐらいで、他は多動っていう感じでした。興味のあることは全部やって挫折しまくるみたいな。

僕は休学したときに、就活に有利になるようにどこかのベンチャー企業で長期インターンのアルバイトでもしようと思っていました。

しかし、長期インターンでは他の大学生と一緒でなんか嫌だなと思ったので、田舎フリーランス養成講座というWeb系の養成合宿に参加し、アルバイト以外で稼ぐフリーランスという存在を知りました。

休学期間は上記のまとめたもの以外に、仲間とイベントを開いたり、地元の人と関わりを増やしたりと、はっきり覚えていないぐらいいろいろやった気がします。

挑戦した数は少し多いかもですが、ほとんど上手くいってないなと思います。

ですが、いろいろやった中で学べることは多かったのであまり後悔はしていないです。

休学期間が終わり2度目の就職活動の時期にしたこと【現在進行形】

そして、多動な休学期間を終えて、2度目の就職活動を迎えることとなりました。

以下はその時期にしたことです。

  • 1ヶ月間就活をするが辞める→独立を決意
  • いろいろな経営者に会う→ビジネスかっこいいと思う
  • Webライターの講師をする→講師側の視点を学ぶ
  • インスタグラムのフォロワーを1700人まで伸ばす→仕事が舞い込む
  • 地元企業にアルバイトでデスクに入る→組織で働くということを知る
  • ベンチャー企業でリモートインターン始める→楽しい
  • ブログを再開→現在進行中

実は2度目の就活もまた辞めて、今度は独立を決意しました。

1ヶ月間説明会や選考を受けていく中で、選考には通過するものの「僕は本当に就職したいのかな」と悩み始めていて、その悩んでいる真っ最中のときにある企業の採用担当者の方とお話しした機会があるんです。

そのときに、「新卒レベルまで稼いでるのになんで就職するの?」って聞かれて何も答えられず、ぐうの音も出なかったんですよね。

自慢のつもりじゃないのですが、確かにギリギリ食えるレベルのお金は稼げていたので、自分自身焦りで就活をしているのに気づきました。

そこから数日考えて、一旦自分のやりたいことをやってみようと思い独立を視野に準備を進めています。

僕が就職活動から逃げた末路は、結局独立するということになりました。

就活をもし辞めたとしても意外といけるかも

就活を辞めても選択肢はある

僕の休学経験はだいぶ雑魚いので参考になるかどうかわからなかったですが、就職活動を辞めたとしても意外といけるかもです。

ここからは以下の2軸で選択肢をいくつか紹介していきます。

  • 就職活動を続けたときの選択肢
  • 就職活動を辞めたときの選択肢

今就職活動を辞めたいなと考えている人は、以下のいろいろな選択肢を参考にどうぞです。

就職活動を続けた場合の選択肢

就職活動を続けた場合の選択肢は下記のようなものがあるでしょう。

  • 会社員
  • 公務員
  • 就職浪人

だいたい上記の3つほどです。失敗してしまうと就職浪人の可能性があります。

学生のうちに就職活動を続けた場合、意外と選択肢が狭まりますね。

しかし、新卒のキップを使えるので、会社員になって新人研修で給料をもらいながら仕事を学べるメリットがあります。

就職活動を辞めた場合の選択肢

対して、就職活動を辞めた場合の選択肢は以下のようなものがあります。

  • 休学
  • 進学
  • 起業、フリーランス
  • フリーター
  • ニート

意外と選択肢があります。特に休学するともう一度考えられる時間が増え、新卒カードを残したまま就職活動を続けられるという選択肢も増えます。

フリーターとニートも選択肢としてありますが、一度なってしまうと次の就職を決めるのは難しくなるかもなので、リスキー感は否めません。

学生期間の間の過ごし方に正解はありませんが、時間が作れるうちにいろいろやっていないのは損かもしれませんね。

≫【大学3年生へ】まだ間に合う!就活に有利なおすすめアルバイト8選

休学を選ぶのであれば、スキルになることをしよう

3つのスキル

休学をするなら実のある時間を過ごすことが望ましいです。

ただの逃げで就職活動を放棄するよりも、休学をしてスキルを身につけた方が精神的にも将来的にも安心できます。

最後に休学を決意した方へ向けておすすめのスキルを3つを紹介します。

プログラミング

1つはプログラミングです。

今のIT市場ではプログラマーやエンジニアが全く足りていないと言われているため、プログラミングを少しできるだけで自分の市場価値はとても上がります。

実際に僕の仲のいいクライアントさんでも「エンジニアはいないですかね?」と聞いてくるぐらい探しているようです。

休学を決意するなら、無料で始められるProgateなどから始めてもいいし、プログラミングスクールなどに通い、本格的にエンジニアになってみて良いでしょう。

Youtubeで話題のマコなり社長が運営しているTECH::CAMPは、未経験からでもエンジニアを目指すプログラミングスクールです。

友人もこのスクールに参加してハイスペックになってプログラミングを書いていたので、やる気があればエンジニアを目指せるかもしれません。

オンラインで説明会をしているようですので、休学をしようかなと思っている方は、予定の空う時間に説明会に参加してみてはどうでしょうか。

10秒で登録完了!TECH::CAMPオンライン説明会

※オンライン説明会は登録後24時間以内でしか参加することができませんので、メールが届き次第すぐに視聴することが望ましいです。

WEBマーケティング

2つ目はWEBマーケティングのスキルです。

WEBマーケティングは、ブログやサイト、SNSなど多岐に渡るスキルで、今の時代はとても重宝されるスキルになります。

マスメディアが薄れつつある昨今では、ターゲットにしっかりと訴求できる能力を持っていれば、どこの企業も欲しがることでしょう。

ブログで1万PV、SNSフォロワー1万人など、サイトやアカウントを成長させられるだけですごい人材です。

マーケティングの会社で長期インターンをしても身につけられるので、ぜひ取り組んでみてはどうでしょうか。

ちなみにブログをするならマナブさんのブログ型アフィリエイト完全講義がおすすめですね。

WEBマーケティング歴6年の集大成が書かれています。お値段ちょい高めですが、本気で取り組みたい方は参考にしてみてはどうでしょうか。

ブログ型アフィリエイトの完全講義【ブログ歴6年の僕の集大成です】

WEBライティング

3つ目はWEBライティングです。

WEBライティングは僕が専門的にやっているようなスキルで、主にネットの記事を執筆します。

ネットの記事を書く裏側には、ターゲットを誰にするのか、どういった情報を伝えればいいのか、検索順位を上げるためにはどういう施策を練ればいいのかなど、意外と奥が深いスキルです。

稼ぐためには時間がかかりますが、トップ層は月に50万円以上も収入を得ている人がいます。

50万円も稼げれば、就職活動も楽勝ですし、そのまま独立も余裕ですよね。

休学をしてWEBライティングを習得しようと思っている方は、クラウドソーシングサイトで仕事を見てみることがおすすめです。

案件の内容を見て自分でやれるのか判断できるので、一度登録してみてはどうでしょう。

まとめ

就職活動を耐え抜くことはたぶんめちゃくちゃすごいことでしょう。

内定が決まらないから焦って絶望してしまう気持ちもわかりますが、別の道を探すことだってできます。

もちろんそのまま就職活動を続けるのもありですが、心が病んでしまうのが一番ヤバイです。

就活生の誰かに今回の記事が何かの役に立てば僕は嬉しいです。