インスタグラム

インスタで効果的なハッシュタグの付け方を実例で紹介【人気投稿にする】

インスタグラムを運用したい人
インスタグラムを運用したい人
フォロワー増やしたいのにインスタグラムのハッシュタグの付け方がわからな〜い!!!!!

 

日本国内においてインスタグラムはスマホアプリを中心に急速に普及しています。

僕の周りの友人や大人たちもインスタのストーリーズや投稿などを利用して、インスタに乗せるための写真を必死に撮影している人がたくさんいます。

✔︎本記事は以下の人におすすめです。

・インスタグラムを本格的に運用していこうと考えている人

・投稿はしているけどインスタのフォロワーが伸び悩んでいる人

・ハッシュタグの重要性に気づいた人

 

僕は@fes_girlsというインスタグラムのアカウントを運用していまして、

狙ったハッシュタグの人気投稿(トップ)に自分のコンテンツを乗せることができました。

この投稿をInstagramで見る

 

Fes Girls♀さん(@fes_girls)がシェアした投稿


上記の投稿では、現在もいくつかのハッシュタグで人気投稿になっています。

 

ハッシュタグの人気投稿になったことにより、数日間フォロワーが増加していき、高いインプレッションを獲得することに繋がりました。

2ヶ月ちょっとでフォロワーを0→1000までできたのは、いくつかの投稿を人気投稿に表示できたことが大きな要因の1つでもあります。

そのため、インスタグラムを運用していくに当たって、適切なハッシュタグを選定する作業はとても重要です。

そこで今回は、ハッシュタグを活用してフォロワーを実際に増加させた僕が、効果的なハッシュタグの付け方をご紹介していきます。

本記事があなたのこれからのインスタグラム運用の助けになりますと幸いです。

インスタグラムのハッシュタグとは

ざっくりおさらいですが、ハッシュタグとはインスタグラムで投稿する際の「#」のことを指します。

#gopro #gopro好きな人と繋がりたい #gopro女子

といったようなハッシュタグを付けて投稿することでターゲットに沿ったアプローチが可能です。

ハッシュタグの機能はツイッターやフェイスブックなどでもありますが、インスタグラムでは、他のSNSと違ってより重要視されています。

重要な理由としては、以下です。

・日本人のハッシュタグ検索を利用する割合

・ハッシュタグの機能性

この2点、特に前者が重要視されていますね。

以下より、それぞれの理由について深掘りして説明していきましょう。

日本人のハッシュタグ検索をする割合が世界平均の3倍

日本人のハッシュタグ検索をする割合が世界平均の3倍という数字が出ています。(2018年5月時点)

具体的な数字は明記されていませんが、インスタグラムを中心にした情報検索がすでにおこなわれているということにも取れます。

また、国内の月間アクティブアカウント数3300万人を突破しました。(2019年3月時点)

参照→FacebookNEWSROOM

数字を見る限り、これからの日本におけるインスタグラムはコミュニティベースで拡大を続けていき、情報を探るためのツールとしても利用されることが考えられます。

さらに、日本国内におけるインスタグラム内のショッピング機能の利用が急速に拡大中のようです。

世界的に見ても日本国内では、インスタグラムがアクティブに使われているということがわかります。

そのため、日本でインスタグラムを運用していくに当たって、効果的なハッシュタグを選定することがとても重要です。

ハッシュタグをフォローすることもできる

また、機能的な面で、ハッシュタグをユーザーがフォローすることができるという面もあります。

#gopro #gopro女子

といったハッシュタグをフォローしているユーザーが5000人いるとすれば、#gopro #gopro女子 のハッシュタグを付けて投稿することでその人数の人にリーチさせることができるということですね。

適切なハッシュタグを選定することで、ハッシュタグをフォローしている人に向けても、コンテンツを発信することができます。

インスタグラムを運用する上で、ハッシュタグを上手に使いこなせていると、自分の投稿したコンテンツを見てもらえるということになりますね。

インスタグラムの効果的なハッシュタグの付け方【3つの手順】

ハッシュタグの重要性を述べところで、ここから本題のインスタグラムの効果的なハッシュタグの付け方を実例を交えながら紹介していきます。

ざっくりと効果的な付け方には3つの手順があり、以下です。

 

・ターゲットに沿ったコミュニティのハッシュタグを選ぶ

・1つの投稿に最大30個まで付ける

・ボリューム数1000〜5万を狙う

 

この3つはハッシュタグを選ぶ上で、徹底的に意識してもらいたいポイントです。

以下、もう少し深掘りして説明していきます。

ターゲットに沿ったハッシュタグを選ぶ

ハッシュタグの総数は数え切れず、無作為にハッシュタグを選んでしまっているとあまり大きな効果を見込むことができません。

そのため、ターゲットに沿ったハッシュタグを選ぶ必要があります。

例えば、フォトグラファーとして活躍したいとするのならば、写真に興味がある人やフォトグラファーのコミュニティなど

投稿した写真が風景写真であるならば、ハッシュタグを#風景写真#絶景ポイントなどなど、

僕のアカウントの場合だとフェスが好きな人をターゲットにしています。

 

人気投稿に乗っている投稿では以下のようにハッシュタグを選定しました。

#フェス #初フェス #ライブハウス #初ライブ #ライブ参戦 #京都大作戦 #ライブキッズ などなど…

フェスが好きそうな層に合ったハッシュタグを選定していっています。

あぶりだせばいくつもハッシュタグが出てきますので、ターゲットに沿ったハッシュタグを選定していきましょう。

スマホにしがみつきながらハッシュタグを選ぶことができますが、

以下のサイトは、キーワードを打ち込むと人気のハッシュタグを一気に表示してくれますので、ぜひお試しください。

タグジェネ :Instagramのハッシュタグ検索をサポートしてくれるサイト

1つの投稿に30個近くハッシュタグを付ける

続いては1つの投稿に付けるハッシュタグの個数です。

ハッシュタグは1つの投稿につき最大で30個まで付けることができます。

そのため、投稿する度に、ハッシュタグを30個近くまで付けることがおすすめです。

というのもハッシュタグを30個近くまでつける理由としては、投稿したコンテンツを人気投稿にする確率を上げるためになります。

先ほどの僕のアカウントの投稿の場合、キャプションに記述している文と合わせると23個ほどハッシュタグを選定しています。

そのおかげで、いくつかのハッシュタグで人気投稿にすることができました。

ハッシュタグで人気投稿になると、フォロワーが爆発的に増加します。

少しでもハッシュタグで人気投稿になる可能性を上げるために、毎回の投稿に30個近くつけておきましょう。

ボリューム数1000〜5万を狙う

ボリューム数は1000〜5万程度を狙うことが効果的です。

開設したばかりのアカウントでは、フォロワー数も少なく、ほとんどの人に見られません。

そのため、自分の投稿が見られやすい、かつ人気投稿を狙いやすいハッシュタグを選定することがフォロワーアップに繋がります。

 

インスタグラム を運用したい人
インスタグラム を運用したい人
いやいや、ハッシュタグで検索するんだからボリュームが大きいのにした方がいいじゃん

 

と思うかもしれませんが、数10万単位のハッシュタグを一度検索してみると、ものによっては、他のユーザーが数分単位でしきりに投稿しています。

もし、その波の中に自分が飛び込むとすると、すぐに掻き消されてしまう可能性が高まります。

そのため、まずはボリュームの小さいハッシュタグを選定することが望ましいです。

ハッシュタグをつける上での追加テクニック

ここでハッシュタグをつけていく上でのもうワンステップのテクニックをご紹介します。

効率的に進めるための豆知識程度ですので、参考になりますと幸いです。

投稿テンプレートを作成しておく

投稿テンプレートを作成しておくとスムーズに投稿作業を進めることができます。

僕も実際に投稿用のテンプレートをメモ帳などに残して毎度投稿しているのですが、これから狙いたいハッシュタグや普段のキャプションに活用する文章も合わせて保存しています。

いつでも投稿できるようにテンプレートを作成していると便利です。

投稿用のハッシュタグをまとめてテンプレートとして作成しておくことはおすすめですね。

定期的に過去の投稿へハッシュタグのコメントをする

また、定期的に過去の投稿へハッシュタグのコメントをすることはおすすめです。

インスタグラムでは、コメントにハッシュタグを追加すると、過去の投稿も最近の投稿として反映されます。

さらに、インスタグラムの投稿では、ハッシュタグで掲載される期間は人気投稿にならない限り、その日限りとなってします。

ですので、適度にコメントでハッシュタグを追加しておくとユーザーの目に止まりやすくなるでしょう。

定期的に過去の投稿へハッシュタグのコメントを残し、ターゲットユーザーに見つけてもらうようにすることがおすすめです。

ハッシュタグを付ける際の2つの注意点

ハッシュタグの効果的な付け方を紹介しましたが、注意点もあります。

以下2点です。

 

・ブランド力の無いサービスをハッシュタグにしない

・文章にしたハッシュタグをつけない

 

上記2つはインスタグラムを運用し始めたばかりの中小企業や、リリース直後のサービスを広めようとしているアカウントの多めです。

これから運用していく方は十分注意するようにしましょう。

ブランド力の無いサービスをハッシュタグにしないように

ブランド力の無いサービスをハッシュタグにしないようにしましょう。

VOGUEや古着女子など、すでにブランドとしてサービスが確立しているのであれば、話は変わります。

商品をPRしたい気持ちは分かりますが、認知されていない状態でサービスをハッシュタグにしてもあまり意味がありません。

例えば、僕が「らんらんランチ」というカフェオレを作ったとして、インスタグラムで商品をPRしていくとします。

この場合にハッシュタグで#らんらんランチ と投稿してもそもそものハッシュタグのボリューム数はほぼ皆無に近く、誰も調べません。

となると、らんらんランチに関するハッシュタグ選定自体無意味になってしまいます。

インスタ運用を始めた段階は、サービスのハッシュタグを選定するのではなく、ターゲット層に訴求できる類似サービスやインフルエンサーが選定するようなハッシュタグを選定するようにしましょう。

文章にしたハッシュタグでフォロワー増加は見込めない

文章にしたハッシュタグでフォロワー増加はあまり見込めません。

文章にしたハッシュタグとは、日記のような文章をハッシュタグにしていることです。

ダメな例としては以下になります。

#今日は #仲間と釣りに行った #いっぱい魚が釣れた #ありがとう #海

上記のようなハッシュタグにしてしまうと、効果的な付け方とは言えません。

海はボリューム数の多いハッシュタグですが、それ以外のハッシュタグは、ほぼほぼ検索する人が少ないので、日記帳のような文章はあまりつけないようにしましょう。

まとめ

ハッシュタグを制するものはインスタグラムを制すといっても過言ではないほど、アカウントを運用するに当たって、ハッシュタグが重要です。

今回ご紹介したハッシュタグの付け方は、アカウントを運用し始めた方に向けて書きました。

記事をご覧になったあなたのこれからのインスタグラム運用の手助けになりましたら嬉しいです。

▼インスタグラムに関するご相談は以下よりどうぞです▼