インスタグラム

【実例有】インスタグラムでフォロワーが爆増するプロフィールの書き方

インスタマン
インスタマン
インスタのプロフィールどうするのが良いの〜???

人の見た目は55%で決まると言われるほど、初めに顔を合わしたときの第一印象は非常に重要です。

インスタグラムのプロフィールもまさに第一印象にあたり、フォロワーを増加させるためには大切な項目になります。

そのため、ユーザーがプロフィールまで訪れていたとしてもフォロワーになってくれない場合、アカウント自体のプロフィール設計に問題がある可能性があります。

✔︎本記事では以下の内容について書いています。

・インスタグラムのプロフィールの書き方

・プロフィールでフォロワーを増加させる3つのテクニック

僕は現在@fes_girsというアカウントを運用しており、2ヶ月ちょっとでフォロワーが1000人を超えてきました。

フォロワーを増やすためにおこなった施策としては、もちろん投稿する写真やストーリーズなどコンテンツを意識した部分もありますが、

プロフィールを入念に作り込みました。

今回は、2ヶ月弱でフォロワーを0人→1000人まで増加させた僕が、インスタグラムでフォロワーを増加させるための具体的なプロフィールの書き方をご紹介します。

これからインスタグラムを運用していく方の頼りになれば幸いです。

インスタグラムはプロフィールが最重要

インスタグラムを本格的に運用していくに当たって、プロフィールはとても重要です。

冒頭でも説明したように、インスタグラムのアカウントにおけるプロフィールは第一印象になります。

プロフィールに訪れたユーザーはあなたをフォローするかどうかを一瞬で判断します。

フォローするかどうかの判断基準がアカウントのプロフィールです。

そのため、自分のアカウントテーマにそぐわないプロフィール設計をしていると、何人ものユーザーをフォロワーに迎え入れていないことになります。

どういったプロフィールを設計していけばいいのか、説明していきましょう。

インスタグラムのプロフィールの書き方

では本題のインスタグラムのプロフィールの書き方についてご紹介していきます。

インスタグラムのプロフィール編集画面はいくつかの項目に分かれていますが、

本記事では以下の4つの箇所を中心に書き方を説明していきます。

  • アイコン
  • 名前
  • ユーザー名
  • 自己紹介文

上記4つは、アカウントの第一印象を司る編集項目になります。

以下より、4つの項目をもう少し深掘りして説明していきましょう。

アイコン

アイコンはプロフィールにおける画像のことで、アカウントの顔になります。

適切なアイコンにしていることで、他のアカウントのストーリーズを見たときやいいねをしたときに、通知の部分で目立つので、ユーザーの目に止まりやすくなります。

ユーザーの目に止まると、プロフィールに訪れる可能性が高まるので、アイコンは目に止まりやすい写真に設定しておきましょう。

具体的なアイコンデザインの選定基準は以下です。

  • 明るくて見やすい
  • 背景に何も写っていない
  • アカウントを想起させられる

最後の「アカウントを想起させられる」は、ユーザーがアイコンを見たときにあのアカウントだなと思い出させられる、他のアカウントとは差別化しているイメージです。

私が運用しているアカウントのアイコンはフォロワーさんが好意でイラストを作ってくれたのですが、デザイン面でも設計面でも個人的にとても気に入っています。

※画像はダークモード版です

アイコンは、他のユーザーのストーリーズを見たときやいいねをしたときなど目立ちやすくなります。

なので、他のユーザーが通知を確認したときに目に止まるようなイラストや画像を設定しておきましょう。

名前

名前はプロフィール画面でしか反映されません。

しかし、プロフィールに訪れたときにすぐに認識できるようにしておくことが望ましいです。

ですので、長くないローマ字や英語、発音しやすい名前にしておくとアカウントを覚えてもらいやすくなります。

僕のアカウントの場合、FesGirls♀という名前ですが、頭に残してもらえる名前はなんなのか何度も変更してこの名前に辿り着きました。

アカウントを想起させるために、名前とユーザー名の連携が割と重要なので、意識して設計しましょう。

ユーザー名

ユーザー名はアカウントの名前に寄せ、かつ読みやすい言葉を選定していることがおすすめです。

具体的には言葉にしやすいユーザー名にしておくと、ユーザーが覚えやすいです。

僕のアカウントの場合、@fes_girlsというユーザー名なのですが、口に出してみると「フェスガールズ」になります。

上記のように誰でも口に出しやすいようなユーザー名にしておくと、ユーザーの認知度に繋がりますので、言葉にしやすいユーザー名にしておくことはぜひ試してもらいたいです。

(余談ですが、キャッチーな名前とユーザー名を全く一緒にできると強いですね。)

また、インスタのユーザーは自分の投稿にいいねした人を見るとき、通知の欄から誰がいいねしたのかを認識します。

ですので、最初に目に入るアイコンとセットでユーザー名は覚えやすいものにしておくようにしましょう。

自己紹介文

自己紹介文は、プロフィールの設計の中で一番といってもいいほど大事な部分になります。

ユーザーがアカウントをフォローする流れとしては、以下の行動フローが考えられます。

アカウント発見→プロフィールに飛ぶ→投稿を見るorさらっと紹介文を見る→フォローする

上記の流れを見ると、「さらっとしか見ないじゃん…」と思うかもしれませんが、この”さらっと”でフォロワーになりうるかもしれないユーザーを逃してしまう可能性があります。

というのも、自己紹介文を見ずらく、整理されていない状態にしていると、ユーザーに「ごちゃごちゃしてなんか見づらい…」と思わせてしまいます。

ユーザーが不快に感じると、スワイプしてプロフィール画面を離脱し、フォローに繋げられないことになります。(おそらく新規でプロフィールを見に来たユーザーはこのパターンがほとんど)

ですので、自己紹介文は入念に作り込んでおくことが望ましいです。

以下は自己紹介文で意識してもらいたい事柄になります。

  • 情報を整理した文章を書く
  • 分かりやすくまとめる
  • 「」<>などを活用すると見栄えが良くなる

他のユーザーがプロフィールを訪れたときの見栄えを意識しておくと、適切な自己紹介文を書くことができるでしょう。

プロフィールでフォロワーを増やす3つのテクニック【実例あり】

ここまでプロフィールの具体的な書き方をご紹介しました。

意外と入念に作り込むことでフォロワーアップに繋げることができます。

以下は、もう少し踏み込んだテクニックになりますのでぜひ参考にしていただけますと再話です。

改行や空白を使用する

改行や空白を使用すると自己紹介文がとても見やすくなります。

僕のアカウントでは以下のように改行や空白をして自己紹介文を設計しています。なるべく、伝えたい内容が中心に来るようにしました。

@fes_girls←タグ付けすると紹介します”

 

上記の箇所は、このアカウントでとも言える一文になりますので、ユーザーの目に飛び込みやすいような部分に設置しています。

この段落の量になると、インスタグラムの仕様でタッチして自己紹介文を開かなければならなくなりますので、タッチしなくても見える範囲で文章を書いています。

※4行目までしか表示されない!

改行や空白は、PCやスマホでおこなうことができるので、適切な箇所に隙間を散りばめてプロフィールを作っていきましょう。

長すぎる文章を使わない

伝えたいことが多過ぎて、文章を少し長くしてしまいたくなりますが、あまり長すぎる文章は使わない方が望ましいです。

ユーザーが自己紹介文を見にくく感じてしまいます。

長過ぎず、テーマやジャンルなど、端的なワードを散りばめながら自己紹介文を書いていくと見栄えの良くなるプロフィールになることでしょう。

僕のアカウントの場合、一言で終わらせられるような文章を明記しています。

羅列している文章はユーザーにとって見にくくなってしまいますので、端的にまとめるようにしておきましょう。

数ヶ月おきにプロフィールを変更する

数ヶ月おきにプロフィールを変更することもテクニックとしてはおすすめです。

1000人いくぐらいまではそこまで認知度も高くないので、何度も変更しまくっていいと個人的に思います。

僕が試行錯誤の末、変更した以前のプロフィールと現在のプロフの比較はこんな感じです。

 

以前のプロフィールアイコンが少しダサかったのと、名前が季節限定になってしまっていたので、すべて一新しました。(アイコンはフォロワーの方が提供してくださいました。)

また、文章に関して、ハッシュタグの入力のし過ぎで青々しくなってしまっていたので、2つに絞り、おしゃれに見える形に仕上げています。

プロフィールには正解はありませんが、フォロワーにする確率を上げることができます。

自分のプロフィールに納得がいかなければ、数ヶ月スパンで変えてみてはどうでしょうか。

プロフィール作成における注意点

最後にプロフィール作成における注意点をご紹介していきます。

注意点としては以下2点です。

  • 情報を盛り込み過ぎない
  • アカウントの印象を悪くする表現をしない

ユーザーのことを考えると、この2つの点は最低限守るようにしましょう。

情報を盛り込み過ぎない

アカウントの情報を全て伝えたくなる気持ちは分かりますが、情報はあまり盛り込みすぐない方がベターです。

盛り込み過ぎてしまうと、自己紹介文が長くなりがちになり、返って見づらくなってしまいます。

押し出したい自分のポイントはいくつか部分的に説明するように意識してみましょう。

以下は、どこかのノマドフリーランスがインスタを活用したときの簡単な例です。

<生年月日>

ブロガー/ライター/フォトグラファー

毎日世界を飛び回りながら生活しています

↓お仕事のご相談は以下のページから↓

上記のように経歴は端的に説明し、メッセージを一文のようにしておくとユーザーが見やすいプロフィールとなるでしょう。

伝えたい内容はコンパクトにまとめ、プロフィールを設計することがおすすめです。

アカウントの印象を悪くする表現をしない

誹謗中傷や卑猥な表現など、アカウントの印象を損ねてしまう文章はあまり使わないことが望ましいです。

何度も言いますが、インスタグラムではプロフィールは第一印象です。

そのため、アカウントの価値を下げてしまうような表現をしていると、フォロワー減少に繋がります。

さらに、インスタグラムでは、卑猥な投稿などは禁止されているので、不適切な表現をしているとアカウントが停止される可能性も否めません。

Instagramの利用規約

ユーザーを不快にさせないようなプロフィールを作成するように心がけましょう。

まとめ

インスタグラムを運用していくに当たって、プロフィールを適切に作り込むことはとても重要です。

フォロワーを伸ばすにはプロフィールの施策以外にも大切なことは多くありますが、少なくとも適切なアイコンや自己紹介文にしておくことでフォロワーアップに繋がります。

これからインスタグラムを運用していこうと考えている方は、今回の記事が参考になりますと幸いです。

▼インスタグラムに関するご相談は以下よりどうぞです▼
※細かいところまでできる限り対応しますので、よろしくです!