スキル

【文系大学生向け】学生期間でやるべき7つのこと【将来に向けて】

文系大学生
文系大学生
大学生活まあまあ暇だけどぶっちゃけ何すりゃいいのかわからない…就職への焦りもあるしどうしよう…

文系大学生の方の中には、上記のような思いを持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?

自由な時間をうまく使いこなすのって学生だけでなく、社会人も多分難しい話です。

なので、この記事を読んで学生の有り余る時間をどのように使うのかいくつか選択肢を提示できればと思います。

✔︎本記事は以下の人に向けて書いています

  • 大学に入ったはいいものの何をしたらいいのかわからない文系大学生
  • 就職活動に向けて有利になることをしたい文系大学生
  • 将来が不安で頭がパンクしそうな文系大学生

僕も文系大学生で入学したての頃は「なにすりゃいいのかわからん!」と思いながら、結局何もしない時間を数年過ごしていました。めちゃくちゃ後悔です。

大学1年生のときは学校にろくに行かず、何をしていたのか記憶にないぐらい時間を無駄にしました。

大学2年から3年まではサークル・アルバイト・ライブの毎日を過ごしまくっていて楽しいのは楽しかったんですが、いざ就職活動を迎えたとき面接では喋れないし、頑張ったものもないしで自分の雑魚さに絶望しました。

絶望したと同時に「このままじゃやばすぎるな」と思ったので、思いきって休学。Webライターを始めました。

今ではぼちぼち収益も得て、いろんなお仕事をいただけるようになっています。

あれから1年以上経ちますが、あのとき行動した自分は本当によくやったと伝えたいです。

本記事では、過去の僕と同じようにモヤモヤした気持ちを抱えている文系大学生に向けて、学生期間内にやるべき7つのことを厳選しました。

別に実践しなくても良いのですが、「何かする!」と決断したときの選択肢の1つとして役に立てばいいなと思います。

『チャリティステッカー販売のお知らせ』

現在、私のフェス系ファッションアカウントにて売上を全額ライブハウスへ寄付するオリジナルのチャリティステッカーを販売しております。

(ステッカー画像:https://fesgirls.thebase.in/

デザインにはこだわっており、スマホやPCなどプライベートでもおしゃれに活用できる仕様となっております。

1つ購入するのに、300円(税込)200円の送料がかかりますが、ワンコインで寄付できるので、よろしければこのチャリティにご参加いただければと思います。

ライブハウスの未来を守るためにも何卒お力添えいただけますと幸いです。

詳細ページを見る

文系大学生が学生期間内にやるべき7つのこと【考えるよりまず動く】

文系大学生が学生期間内にやるべきことは以下7つです。

  1. 単位を取る
  2. 社会人や起業家と会う
  3. スキルになることを学ぶ
  4. 読書をする
  5. お金の勉強をする
  6. 海外へ行く
  7. 資格を取る

前提ですが、大学生活は何も考えずにとりあえず動く勢いでいることがおすすめです。

僕はほぼほぼ学生生活は遊んで時間を無駄にしました。

そのため、周りの友人も遊んで時間を無駄にした人ばかりです。

現在周りの友人のほとんどは就職し、働いているのですが、その多くの友人は「学生時代もっと何かしておけばよかった」と後悔しています。

僕が学生時代のとき、考えてもどうにもならないことが自分の足を止め、結局何もしていないまま時間が過ぎました。

結論、行動することの足枷は、頭が悪いのに適当なことを言って何もしない自分を肯定していたことです。

なので、この記事を読んでいるあなたは、厳選した7つこれからの行動の選択肢として捉えていただけると幸いです。

単位を取る

単位とらないと絶望する

当たり前のことですが、早いうちに単位は絶対にとっておきましょう。

文系大学生は基本的に何もしていない限り暇だと思います。

単位を取り追えていないと後になって楽できなくなってしまいますので、ほぼ間違いなく後悔することでしょう。

学校サボって友達と遊んでいる方がいいやと思う方は、コツコツ差がついてくる3年の春でたぶん絶望し始めます

そのため、授業が面倒だと感じる方は、楽勝で単位が取れてしまう授業を履修することがおすすめです。

僕はめちゃくちゃ単位が残っていたので暇だったから単位を取っておけばと後悔しています。

ぶっちゃけ卒業できるだけの単位さえ取っていれば、何も後悔することはないのでちゃちゃっと取ってしまうようにしましょう。

学校ごとに単位が取りやすい講義がまとめられたみんなのキャンパスといった口コミサイトがありますので、履修の際活用することをおすすめします。

≫ みんなのキャンパス

社会人や起業家と会う

社会を経験した大人と会おう

社会人や起業家と会うのは学生期間にやっておくべきです。

正直周りが学生ばかりの環境では学生の範囲内でしか知りえない会話しかしません。

しかし、社会人や起業家の人と会うと、刺激的な話を聞けたり、ビジネスの仕組みについて詳しく教えてもらうことができます。

働くイメージもできるので、学生にとってはメリットが大きいです。

起業家の人と仲良くなっていると、仕事しないかと誘われたりもあるので、繋がりを持っておくに損はないでしょう。

あわよくばそこの会社で内定をもらえる可能性もあるので、早い段階で社会人や起業家とコンタクトを取るようにするのがおすすめです。

社長メシMatcherなどは実際に働く社会人や現役の社長とご飯を交えながらお話ができるので、学生期間中にフルで活用してみてはどうでしょうか。

スキルになることを学ぶ

スキルがあれば選択肢が増える

学生期間の間にスキルになることを学んでおくことはまじでおすすめです。

ぶっちゃけスキルがあれば選択肢の幅が広まり、将来に対する不安を少なくすることに繋がります。

僕の場合、Webライティングのスキルがあるため、独立するor就職するの選択肢があります。

なので、心理的にどっちの選択肢もあるから生きてはいけそうだな、と思えて楽です。

プログラミングのスキルがあったとしてもたぶん同じように選択の幅が増えます。

最近では、話題のマコなり社長が運営するプログラミングスクールTECH::CAMPにて全国いつでも、どこでも受けられるオンライン説明会無料で開催しているので、スマホからでも行動できますよね。

学生期間の間にスキルを身につけていると就職活動にも有利になり、企業からスカウトを貰えるかもなので、早いうちに何かしらスキルを身につけておきましょう。

TECH::CAMPオンライン説明会

※オンライン説明会は登録後24時間以内でしか受けることができません。なので、後回しにしないようすぐに説明会に参加することをおすすめします。

スキルを見に付けながらできるアルバイトは以下の記事にて紹介していますので、参考までにどうぞ。

あわせて読みたい
【大学3年生へ】まだ間に合う!就活に有利なおすすめアルバイト8選 欲深いあなたは上記のようなお悩みを抱えてはいないでしょうか? めちゃくちゃ気持ちがわかりますね。 就職活動を控えてい...

読書をする

本を読もう

学生期間の間に読書はしておいた方がいいです。

読書をすると先人たちが考え尽くした限りなく「答え」に近い考え方を吸収できるので、10冊でもいいので読んでおくのをおすすめします。

僕が行動するきっかけとなったのはベタですが、ホリエモンの多動力を読んでとりあえず動き出そうと思いました。

本は自分の背中を押すツールにもなるので、洗脳されるぐらいまで1冊読み散らしてしまうぐらいがいいです。

電車の時間で読み終えられるものばかりですので、1冊カバンにでも入れておきましょう。

お金の勉強をする

お金はめちゃくちゃ大事

お金の勉強をすることは本当に大事です。

僕は大学を休学して、自然とお金に関して勉強することが多かったのですが、まだまだ勉強したいと思うほど大切だなと痛感しています。

というのも、金融のリテラシーを高めていないと結果損してしまうからです。

人生100年時代とも言われている現代ですが、あなたが年配になる時期には年金が貰えるかもわからず、そもそも自分が働きたい仕事があるかどうかも見えません

ある程度お金に関する知識を頭に入れておくと、この事業はどういう風にお金が回っていて、この会社はどこでお金を生み出しているのかといったことがなんとなくわかるようになってきます。

そうなると、ビジネスに対する関心が高まり、就職活動の企業研究で無双できます。

お金の勉強はYouTubeなどでもいろんな人が語っているので、寝る前に軽く見てみるのがおすすめです。

お金の教養講座では、無料のWEB体験会を実施しています。

今なら自宅で受講できるようですので、さくっとスマホで覗いてみるのもありじゃないですかね。

無料予約の方法は以下よりご確認ください。

海外へ行く

旅に出るのもあり

とりあえず海外へ行くのはめちゃめちゃありです。

2週間でも3ヶ月でも期間は行く目的によりけりですが、足を運ぶだけで様々な経験ができることでしょう。

行く国によって文化や考え方が日本とは全く違うので、とても刺激になります。

さらに現地に在住する日本人は変わった考え方をしていることもあるので、また刺激になるでしょう。

英語力向上にも繋がりますので、帰国後TOEIC800点でも叩き出せば一気に箔の付いた学生に早変わりですね。

個人的に海外へ行くならスキルを同時に身につけられるIT留学がおすすめです。

Weekly IT CAMPでは短期的に海外で生活し、英語だけでなくWEBに関する知識も深められます。

説明会もやっているようですので、学校終わりにお話を聞いてみてはどうでしょうか?

>>海外で学ぶ実践的IT短期留学【Weekly IT CAMP】

資格を取る

資格は意外と使える

資格も割と大事です。

今は資格のいらない時代と言われていますが、企業によって資格を評価するところもあります。

IT企業などはあまり必要としないかもですが、資格があると自分の知識の証明となります。

例えば、不動産の勉強をしているAさん不動産の勉強をしていて宅地建物取引士の資格を持っているBさんがいるとします。

不動産会社の新卒採用において、面接にAさんとBさんが現れました。

人事担当者はどちらか採用しなければいけないという決断をするとき、ある程度頑張ってきた証が証明されているBさんが有力なのではないでしょうか。

状況や場合によりけりは前提ですが、目に見えて役に立つ資格をいくつかとっておくことは一度検討してみてください。

まとめ

そもそも論ですが、興味のあること一気に全てやろうとしなくても大丈夫です。

時間はあるので、1つずつじっくりやっていこうするのがいいかなと思います。

しかし、できることは全てやってしまう勢いでいるのが個人的におすすめです。

文系大学生にとって学生期間は暇だし、めちゃくちゃ自由な時間です。

なので、その時間をサークルの飲み会に費やすのも、インターンでばちばちに働くのもなんでもできます。

自分にとってどの選択が一番なのか今一度考えて時間を有効活用していきましょう。