Webライティング

在宅ライターが学生におすすめの3つの理由【Webライターは簡単】

在宅ライターという職業をご存知でしょうか?

昨今では新しい働き方の流れが来ており、フリーランスという働き方が話題です。

その中の1つに在宅ライター、在宅ワークといった働き方があります。

 

学生
学生
ぶっちゃけ在宅ライターって稼げるの?

 

この記事を読んでいるあなたはこう思っている方も少なくないでしょう。

正直、学生でも在宅ライターで稼ぐことは難しいことではありません。 

そこで今回は、在宅ライターを学生におすすめする理由について3つのポイントから説明していきます。

学生の収入はほぼアルバイトから

学生の収入はほぼアルバイトから

そもそも学生の収入はほぼアルバイトから賄われているのではないでしょうか?

僕も趣味のライブや飲み、サークルの会費などアルバイトで遊ぶ金を捻出して、毎日学校に行っていました。

時給で見ると、約800円〜よくて1000円ぐらい。

経験談だけで語ると、アルバイトで稼げる金額はマックスで10万円ちょいぐらい。(こう見ると割と稼げてますね。w)

学生の方であれば、遊びまくってお金がすぐに無くなる人も少なく無いでしょう。

長期休みで15万円いくかいかないかで、5万円〜7万円が平均的でした。

在宅ライターを始めて月に5万プラスで稼げるようになると、さらに月の稼ぎを捻出することができます。

在宅ライターが学生におすすめの3つの理由

在宅ライターが学生におすすめの3つの理由

ぼちぼちアルバイトで働きながら片手間で在宅ライターをおすすめする3つの理由をご紹介します。

1大イベントである就職活動で在宅ライターの経験は強みになるかもしれないので、学生の方は少しだけ興味を持っていただければと思います。

就活の面接で話せる内容が増える

まず1つ目は、就活の面接で話せる内容が増えることです。

「個人でWebライターをやりながら月に○万円稼いでいました」と話せるだけで、自分のエピソードトークに厚みが出ることでしょう。

特にWeb系の会社であれば、Webライターをやっているとある程度容量が掴みやすく、これからの業務をスムーズに進められる可能性もあります。

アルバイトやサークルといった話と差別化を図りたい方は在宅ライターという手段を検討してみてはどうでしょうか。

プラスアルファの収入が増える

次はプラスアルファの収入が増えることです。

月のアルバイトの収益が7万円の方であれば、在宅ライターで3万円だけ稼げるようになるとトータルの収入が10万円になります。

趣味に使えるお金や踏みとどまっていた買い物ができるかもしれません。

僕は在宅でライターを始めてから、自分の時間を大切にするようになり、稼いだ収益で自分のやりたいことにお金を使うようになりました。

在宅ライターで稼げるようになるには少しだけ時間がかかりますが、今よりもプラスアルファの収入が増える可能性があるため、興味のある学生の方にはおすすめです。

Web業界に対する知見を得られる

Web業界に対する知見を得られることもおすすめする理由です。

自分で勉強する必要がありますが、在宅ライターの仕事は主に、ネットに掲載される記事を執筆することになります。

そのため、Webサイトの作りはどういった作りになっているのだろう、マネタイズはどこからしているのだろう、といった企業規模でメディアに対する知識を蓄える必要があります。

Webに少し詳しくなっていると、仕事の幅が増えてきたり、クライアントからの信頼を勝ち取りやすなったりして、さらなる収入アップに繋がるでしょう。

学生のうちからクライアントワークに慣れていると、社会へ出たときも要領が掴みやすくなるかもしれません。

在宅ライターの始め方とは

在宅ライターの始め方とは

ここからは在宅ライターに興味を持ち始めた学生の方に向けて、在宅ライターの始め方をご紹介します。

学生だからこそできる選択もありますので、興味のある方はサクッと目を通してもらえると幸いです。

企業へリモートインターン

まずは企業へリモートインターンを申し込むことです。

在宅ライターの募集案件は探すとけっこうありますので、アポイントを取って面談をお願いすると、インターン生として始められるかもしれません。

僕もリモートで在宅ライターの仕事を取ることはありますが、その際に利用するサイトが以下になります。

 

知り合いのライターから仕事を回してもらう

知り合いの人が周りにいる人限定になりますが、案件を回してもらうことで在宅ライターを始めることができます。

身近にライターがいることが条件となりますが、現役のライターへ質問しながら学べるので、スキルアップが狙えることでしょう。

クラウドソーシングサイトで案件を取る

クラウドソーシングサイトで案件を引っ張ってくることが一番手っ取り早く、成長もできます。

それなりに勉強する必要がありますが、仕事の流れを掴んでおくと作業がしやすいです。

以下はクラウドソーシングサイトを利用してクライアントワークをする流れになります。

 

・ライティング案件を探す

・書けそうな記事に提案

・クライアントからメッセージが来る

 

ライティング案件を探す際は、まずは仕事を取ることを念頭に進めることがおすすめです。

まだ実績がないから難しいかも…と不安になる方もいらっしゃるかもしれませんが、在宅ワークをするには仕事がないと始まりません、

Webライティングの案件であれば、複数のクラウドソーシングサイトを利用することで案件を探すことができますので、在宅ライターを始める方は事前に登録しておきましょう。

あわせて読みたい
ランサーズを1年間使った学生ライターが感想を教えます【体験談】 学生ライターとして約1年間活動しながら、フリーランス大学生としてイキり倒しているちゃんりゅーと申します。 現在はランサーズ...

まとめ

いかがだったでしょうか?

在宅ライターは自宅で働くことができ、授業の空き時間にもサクッと仕事をおこなうことができるため、学生にはおすすめしたい職業です。

収入を上げるまでにそれなりの勉強量と作業時間が必要となりますが、社会に出る前の準備としてやっておいて損はないでしょう。

人気記事 【案件多数】Webライターがおすすめする5つのクラウドソーシングサイト